前へ
次へ

買取の楽しさを実感できた

不要になったものを処分すう方法について、最近いろいろと考える機会が増えてきました。家の整理をしていた

more

日本人に合った断捨離の前に買取へ出してみる

先のことまで考えて不要な荷物は処分をする、断捨離は日本人の考え方にもあったやり方です。今を楽しむこと

more

在庫品を買取に出すメリット

在庫品がたまってしまい、お困りの方へ買取に出すことをお教えします。出すメリットとして、セールなどで販

more

古本の買取と売値の分析

近頃、利便性が高いということもあってネットの古本通販サイトを利用しています。大手の通販サイトにも出品しているので、ほしい時にネットで検索すればすぐに古本を見つけ出すことができ、しかも、値段は数百円で送料無料ということもあって頻繁に購入しています。それはまるで、お菓子を買うような感覚で、数百円でかなり楽しむことができるので利用頻度は高まるばかりです。しかし、利用しているうちにふと疑問に感じることがありました。果たしてこれは安いのだろうかと考えるようになったのです。そのきっかけとなったのは、とある女性作家の古本をネットで購入した時です。40年近く前の本ということもあって200円程度で販売されていましたが、その価格が当時の定価と同じだったことにふと気が付きました。その古本はあまり状態の良いものではなく、それでも定価で売られていたことが少々引っかかりました。おそらくですが、日焼けをして見た目も悪くなった古本を安く買取り、クリーニングを行った上で古本としてネットで売っていると考えられます。そのため、古本屋は全く損をしておらず、かなりの利益につながっていることが容易に予想できたのです。そう考えるようになると、送料無料だし便利な古本のネット通販ですが、少し割高に感じられるようになってきました。送料も代金に含まれていて、それでも利益を出すことができる仕組みになっているような気がします。そこで、今度は店舗の古本屋に言ってみることにしました。かなり安く売っているかと思いきや、店舗の古本屋もそんなに激安という程ではなく、定価の6割程度の価格で販売されていました。このような調査の結果、古本屋という商売は結構儲かる商売なのかな、という印象を受けました。希少性がなく、ただ古いだけの文庫本であれば買取価格を押さえることができるため、利益を出すことは意外とかんたんです。郵送買取をしたら、買い叩かれてしまうような気がします。

マコト薬品

使わなくなったゴルフキャリーお売りください
各ブランドのゴルフアイテム買取しております

リサイクル買取なら函館のアース

大阪の質屋「ブランドラボ」

Page Top